公務員から民間企業への転職活動〜後半戦〜

公務員から民間企業への転職活動〜後半戦〜

「キャリトレ」と「Wantedly」に登録した。

転職活動の方向性を変えてみようと思いました。

基本的に自分から気になる求人を探していましたが、なかなか見つからないし見つかったとしても会社側として欲しい人材と思われない状況が続きました。

大手転職サイトを開くのも面倒だし、メールも頻繁に届くし、色んな転職エージェントからオファーが来るし…

頻繁にメールきて面接受ける割には通らないじゃないし、コスパ悪いしもう面倒だ辞めてやるー!!

ということで、大手転職サイト全て退会しました。(スッキリ♡)

instagramを見ていたら広告で「キャリトレ」が出てきて、そういえばCMでも「キャリトレ〜」って放送していたなぁと思ったので、あまり期待はせずに「キャリトレ」に登録してみました。

すでに登録してはいたのですが、内容をあまり記載していなかったので、「Wantedly」も細かく履歴を掲載していかにも転職活動しているアピールをしてみました。

 

「キャリトレ」良い!

正直言って、転職サイトのプラットフォームを変えれば、企業からもっと内定が取れるようになるとは期待していませんでした。

大手転職サイトの情報量が多すぎて見るのが大変だったのですが、アプリもサイトもシンプルなキャリトレは本当に使いやすくて、転職活動頑張れました。笑
(別にキャリトレのまわしものではありません笑)

プラチナオファーとか、オファーのランクはよく分からなかったけど、自分がやりたい仕事に沿ったオファーがよく来るようになったので、声かけていただいた企業にはお会いさせていただきました。

また、キャリトレ経由で1社エージェントに登録させていただき、その転職エージェント経由でも1社だけ選考を受けさせていただきました。

正直言いますと、転職活動後半戦で内定を受けた会社は全てキャリトレ経由でした。

しかも、オファー内容も明らかに今の条件よりも良くて、前半戦のみで終わらせなくてよかったです。

 

「Wantedly」は情報収集

Wantedlyは選考を受けに行くというよりは、気になるベンチャーがあったら事業内容を直接現場の人から聞いたり、今どういうポストを求めているのかを現場レベルでお話を聞くことが多かったです。

他には、社長から半日以上ずっと拘束…ではなくて、話をお伺いすることができたり。
普通社会人になったら学生の時と比べて気軽に他社の人とお話できることは少ないのに、それを実現してくれるSNSだなと感じました。

私はWantedly経由で選考を申し込むことはありませんでしたが、地方創生や起業支援って別に公務員じゃなくてもいくらでも関わることができるということがわかったし、世の中こんな仕事もあるのか!という社会勉強にもなった気がします。

 

「キャリトレ」経由で4社受けた。

厳密にいうとキャリトレ経由で直接オファーをいただいた企業を3社、キャリトレ経由で登録した転職エージェントを経由して紹介された企業を1社受けました。

同時期に受けていたので、1日に2回面接行くこともありました。

4社から内定をいただいた

自分でもびっくりしましたが、まさか後半戦で受けた企業全てからオファーをいただけるとは思いませんでした。

おそらく、転職活動を通して自分の軸が定まってきたので、具体的なキャリアプランを話せることができましたし、何より面接受けた時期が良かったのかな?と思いました。

昇進・昇給・昇格にしか興味がなかったので、ポストの空き状況とかどうやったら評価されるのかとか、ガンガン聞きまくっていたのがよく思われていたのかな、とは思いました。

ただし正直全てから内定をいただけるとは思っていなかったので、どこに行こうか本当に迷いました。(うれしい悲鳴ではありましたが)

企業の人事担当者に「キャリトレって実際どうなんですか?」って聞いたところ、
「大手転職サイトよりは質の高い若手が集まっていてびっくりしている」とおっしゃっていました。

CMの言うことあながち間違っていないみたいですね🤔

4社とも現職より待遇が上がるか同待遇

正直なところ、民間経験のない未経験者のポテンシャルで公務員なんてクソでしょ…と思っていたのですが、高評価をいただいたこともあり、待遇は公務員より明らかに上がりました。

というのも、公務員って民間企業の平均年収であるのだから、それを上回る企業があって当然だよね…と思いました。就職できるかできないかが別問題なだけで。

待遇より自分が本当に将来やりたいこと

実際複数の会社から内定をいただいたので、どこにしようか考えて5社から2社まで絞りました。

正直なところ、2社とも待遇は今より良くて、どちらも将来的に自分がキャリアアップさせていくことも考えると将来の幅を狭めるような選択肢ではありませんでした。

1社から年収を上げてもらったところで、その会社を検討するも、何も決め手にならず…
それを他社に伝えたとことそちらも年収を上げてもらえ、ただそれも決め手にならず…

そうした形で2社ともトントンと提示年収が上がっていき、最初は「すげー」って思っていたけれども、だんだんとその期待値に対する仕事量をこなせるのか不安になってきました(笑)

それに、年収をお互いに上げてもらったところでも会社を「こっち!」を決められない状況が1週間も続き、本当にどうしたら良いのか分からなくなってしまいました。

そこで気づいたのは、
「2社とも自分がとてもやりたい仕事であること。」
「2社とも事業内容が魅力的で、社員さんも雰囲気が合っていること。」
なので、待遇云々で進路を決めることが出来ないことです。

したがって、
「当初転職したいと思ったきっかけは何か」
「自分の強みを活かせそうなところはどちらか」
「自分が今後身に付けたいと思っている経験はどちらがより多く得られそうか」
ありとあらゆることを総合的に勘案して(笑)、最終的に1社を選定しました。

本当に悩みに悩んで結論出した答えなので、後悔はありませんでした。

と言うのも嘘ですが、多分、どちらを選んでも後悔は少しあったと思います。
(だってどちらも面白そうなんだもん)

今は選んだ会社で仕事をする楽しみしかないし、自分の将来が楽しみです。

ずっと公務員にいたら、自分の将来がこんなにワクワクするような気持ちを持てなかっただろうなと思うと、本当に転職活動して、公務員を辞めることにして良かったと思います。

民間企業を経験してから公務員になりたかったと言う後悔がありますが、今は後悔している余裕もないし、公務員時代の5年間のブランクを埋めるべく猛烈に仕事をしなければならない意欲が高まっているので、公務員として色々な経験をさせていただいたことに感謝しつつ(綺麗事w)、内定先では年収に見合った働きができるように頑張ります。笑

私は公務員である自分が嫌いでしたが、世の中では公務員って安定していて良い身分だと思うので、「なりたい人、頑張って!」と言う気持ちだし、率直に言うと女性には公務員をおすすめします。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ

転職活動カテゴリの最新記事