地方公務員として、嫌な思いをしたことを悪意を込めて暴露します。

地方公務員として、嫌な思いをしたことを悪意を込めて暴露します。

一応数年間お世話になった職場であるので、感謝の気持ちだけで終わらせる超イイ人でい続けようと思っていたのですが、腹黒な性格は変えられないので、私が感じたことを暴露したいと思います。(ただ吐き出してスッキリしたいだけ笑)

美人が優遇される人事制度

可愛い人は華やかな部署に引き抜かれます。

顔の良さはどのようにリサーチするかと言うと、人事がFacebookなどのSNSを駆使して新入職員を調査しているそうです。

入社時の証明写真は美人であってもその良さを十分に出せていないわけなので、人事担当がコネのある現場職員に対して情報収集したりするらしいです。

顔だけ良くても性格が難ありだと仕事にも支障が出るので、そこらへんの情報収集も徹底するそうですが。

もちろん、引き抜かれたところで公務員といえども同じ部署に入れるのは最大3年な訳だから、次は異動しなければなりません。

ただし、「どこ行きたい?」と言う希望を聞いてもらえて、ほぼ叶えてもらうことが出来るそうです(笑)

私は苦労して昇進しても、希望叶えられてないんだけど。

と言うムカつく感情だけがいまだに残っていますね。(もうどうでもいいですけど。)

なんだか報われないな〜と感じました。

 

飲み会出席率が出世を制する

公務員の飲み会は、いくら上司と飲んでも普通に割り勘です。

なので、毎回上司との飲み会に付き合っていると、バカみたいにお金がなくなります。

若手は給与が本当に安いので余裕ないことから、私は人事に影響力のある上司がいる時しか飲み会に参加しておりませんでした。

ただし、毎回のように飲み会に出席し、2次会のカラオケにも付き合っていた同期は、すーーーぐ希望の部署に行かせてもらっていました。(その人はもともと優秀なので、飲み会の出席率が高いだけが理由ではないと思いますが。)

「異動できてよかったね。」と声をかけたのですが、「飲み会も全部参加して、2次会も全部出てたんだから、それくらい叶えてくれないと困る(笑)」と同期は言っていました…。(恐ろしい…。)

それが努力と言えるのかは分かりませんが、そこまでして異動したいとは思わなかったので、同期が異動のために交際費としていくらかけたのかがとても気になっています(笑)

なんだか報われないな〜(2度め)

 

セクハラ、普通にあったよ

女として危ないなって思ったことは2回ありました。

私は自分で言うのも恥ずかしいんですけど、人事に関わる上司に「飲むよー」って言われたら「行く!」と即答するタイプなので(一応同期のようにコネ作り頑張っていた笑)、飲み会の参加頻度は高かったと思います。

自分はお酒に飲まれることはないので(公務員はお酒に弱い人が多いと思っている。)、酔ったとしても行動をコントロールできるタイプです。

1回目は結構偉い人の集まりの席に同行させていただいたのですが、一人が泥酔しすぎて(自分が飲ませすぎたのかもしれないんですけど笑)、帰りのエレベーターで二人きりになってしまった時、あ、これやばい」と感じた時には、その偉い人の顔が超ドアップで目の前に迫ってきました(笑)

流石にビンタすると私の公務員人生がやばい!!と思ったので、「奥さんに怒られますよ〜笑」と大声で冗談交じりに回避していたらなんとか助かりました(笑)

一気に酔いが覚めましたね。本当に。

2回目は、本気の人生相談と称して人事権を握っている偉い人と飲みに行っていたのですが、この時もだいぶ飲ませてしまったのか、ラブホに連れ込まれかけました。笑

最初は「え〜ラブホとかマズイですよ〜!笑」とか冗談交じりに断っていたのですが、だんだん歩行速度が速くなっていき、まじでラブホの受付のところまで連れてこられてしまい、「むりむりむりむり!!」と主張していたら流石に解放してもらえました。

男の人って信用ならないと勉強したので、身分がだいぶ上の上司と飲むときは、相当の量を飲んでいただいて(タチ悪い女だなと思っていたけど笑)、帰りにはタクシーに放り込むと言う技を身につけました。

なんだか報われないな〜(本日3度目)

 

タバコミュニケーションで人事が決まる

タバコを吸う同期がいたのですが、その同期は職場での人間関係をよく知っていました。

「なんでそんなに詳しいの?!」と思っていたのですが、全てタバコ部屋で仕入れてきた情報見たいです(笑)

若手でタバコを吸う人も減っているので、喫煙所にいる若手は仕事の話を聞いてくれる良い相手になりやすいみたいですね。

上司の喫煙率は高いので、「あそこのあの人ってどう?」などと言うことをしょっちゅう話しているみたいですね。

本当に報われないな〜(本日4度目)

 

人の噂話が絶えない

人事異動の時期になると誰がどこの部署に配属されるのか名簿みたいなものが配布されます。

その時に新しく来る人がどう言う人なのか、できる人なのか、休職したことがあるのかとか、根掘り葉掘り情報を仕入れることに躍起です。

…ぶっちゃけどうでも良いんだが!!

その人だって来てからじゃないとわからないし、仕事ぶりなんて合う合わないがあるんだからその場で評価するべきだと思うのに…。

と言うか「仕事は…?笑」と思っていました。
(そのグダグタ話している時間も給与が発生しているんですよ〜)

 

他にも色々書き出したらキリがないのですが(悪口ばかりになっちゃう笑)、努力が報われないと悟ったので、もうやめたいなと思ってしまったところです。

公務員事情カテゴリの最新記事