地方公務員は天職?

地方公務員は天職?

公務員最強説

地方公務員を辞める身になって何を言っているのと思われるかもしれませんが、利害が一致すれば地方公務員は天職だと思います。

平均的な年収が保障されるし、仕事を失うことはないし、退職金はそこそこもらえるし(将来的に減る可能性は高いけど…)、何もやりたいことないけどとりあえず就職しないと!と考えている人にとって、地方公務員は良い職場だと思います。

私は新卒で地方公務員になりましたが、そのような同期は全体の半分ほどであり、残り半分は民間企業出身やプー太郎だった人、司法試験諦めた人などバックグラウンドは様々でした。

そのため同期といえども年上の人が多くいて、新卒ホヤホヤで学生ノリが抜けないうちは気が合わないな、と感じていました。

民間企業出身の人は、年収は明らか下がったけど、それでもまったりしている公務員が良かったと言う人もいて、その人の働き方に対する価値観によって、公務員は最強だと思いました。

メリット

幅広い仕事に携われる

公務員の職務内容は多岐に渡ります。

税務、福祉、観光、都市計画、インフラ整備、教育

自治体によっては、全く異なる分野への異動が頻繁にあります。

ただし、幅広い分野に関われるのは地方公務員です。

(国家公務員の場合は各省庁内での異動になりますので、ジェネラリストよりもスペシャリストであることが求められます。)

特にやりたい仕事もなく、与えられた仕事を淡々とこなせる人であれば地方公務員は面白いと思います。

また、絶対に異動があるので飽き性な人が公務員の仕事に向いています。

 

係長級まではほぼ昇格できる

公務員は、何年か主事のポストを経験することで、自動的に主任、係長へと昇格します。

一部、主任選考を実施している自治体もありますが、大抵は係長級までは経験年数を重ねることで自動的に昇格します。

したがって、昇格する意欲がなくても、公務員になった場合は、ある程度の昇格が保障されているといえます。

昇格などに全く興味がなく、まったり仕事をしたいと思っている人も、昇格してしまいます。

係長級まで昇格したのにも関わらず、そのポストが重荷となって自ら降格を申し出る人もしばし見かけました。(希望降任制度があります。)

現在、大量退職により管理職のポストも足りていない状況です。

ただし、公務員は昇格意欲が低い人が多いので、需要と供給のバランスが乱れています。

少しでもガツガツしていて昇格試験の勉強も頑張れるのであれば、何もしない人よりも肩書きを得られるし年収もあげることができると思います。

 

毎年自動的に給料が上がる

毎年1万ずつ月給が上がります。

若いうちの昇給幅は広いですが、40代になるとその幅は小さくなります。

また、50代やある程度の役職にずっと止まっていると、昇給停止になる場合が多いです。

実績を上げたとしてもその評価が給与に反映されにくいので、大幅アップは望めませんが、そこそこの生活が送れれば別に良いと考えている人にとっては、美味しい身分なのではないかと思います。

 

福利厚生が充実している

個人的には、普通の大企業と同じレベルだと思いますが、福利厚生制度は充実しています。

特に、働きたい女性にとってはいい職場だと思います。

妊娠したら出産休暇、育児休暇を取ることは当たり前の風潮があり、出産後の子育て期も短時間勤務が当たり前とされているので、仕事を少し休むということに対して気負いせずに育児と仕事を両立できます。

出産するための休暇に入った場合は、若手の職員がそのフォローにあたるし、育児のための短時間勤務をしている人が職場にいる場合は、その人の事情を加味した仕事の割り振りが行われます。

実際、お子さんが急に体調不良になった時でも、すぐに家に帰ることができるし(もちろんそのフォローは若手が…笑)、育児と仕事を両立したい女性にとっては最高の職場です。

また、急に病気になり数ヶ月休まなければならなかった場合は、病気休暇を取得しても毎月満額の給与支給を受けることができます。

(ただし、休みの期間があまりに長期に及ぶ場合は、8割支給となりますが、それでも支給されるのですごいですよね。)

 

デメリット

副業できない

法律上定められているので、できません。

ただし、人事の許可を得て「小説家業」と兼業している人もいますし、不動産オーナー業であれば一定の規模範囲内であれば許可される場合もあります。

認められるといっても、かなり限定的なので自由に副業はできません。

もちろん、アフィリエイトはアウトです。

(現役公務員のブロガーさんがいますが、個人的な見解としては、立派な広告業になるので地方公務員法に反していると思っています。)

 

飲み会出席率が人事異動を制す

上司との飲み会へ積極的に出席する若手ほど重宝されます。

今の若手はあまり飲み会への参加意欲がないので、飲み会への参加率を高めることで上司からの高評価を得ることができます。

ただし、単純に飲み会へどんどん参加するだけでは希望の異動を叶えることはできません。

確実に希望する職場への異動を叶えるためには、人事担当とのコネクションを作ることが重要です。

このためには、上司と飲み会を重ねて信頼関係を構築し、人脈を広げていくほかありません。

したがって、飲み会の出席率を高めて、上司から希望する異動先の人事担当者を紹介してもらい、仲良くするくらいしか希望する異動は叶えられません。

確実に仕事で実績を積むことで評価されて、希望した人事異動が実現できる人もいますが、確実とは言えない気がします。

 

希望の仕事に就くのが難しい

全ての職員の異動希望なんて叶えられないので、希望した仕事に就くことは困難です。

人事異動の時に、「育児・介護などの家庭の事情により、特別な配慮が必要な職員」の希望が優先的に考慮されるため、普通の職員の希望が叶うことはあまりありません。

大抵は同じような評価をされた職員が出たポストに、同じような評価をされている職員が配置されるような仕組みになっているので、誰かが出ないと配置されません。

運に左右されますし、上司の評価にもよります。

そもそも、希望する業務は誰もが行きたい部署だったりするので、競争率が高く移動が実現することは滅多にありません。

 

成果をあげても給与に反映されない

公務員は同じ年次に職員となった人同士の給与差が生じにくいようになっています。

みんな同じように昇給していくので、昇格しない限り一定の年度までは同じ年収になります。

(残業代の有無によって異なります。)

仕事で特別良い実績を修めたとしても、給与面で大きく変わることはなく、月収数千円程度の差になります。

したがって、仕事ができる職員が評価されたとしても年収面での反映がなく、優秀な職員が辞めていってしまうことも多々あります。

そうした人は、自分の仕事が年収に評価される仕事に転職したり、そもそも転職による年収アップを実現していると聞きます。

 

人事評価が曖昧

どのように上司から評価されているのか、その判断基準が曖昧なのでよくわかりません。

自治体によっては上司がどのように評価しているか開示する制度もあるそうですが、それを見たところでよく分からないそうです。

基本的には直属の上司2名による評価だそうですが、数字面での実績を把握できない場合は、何を持って評価しているのか、把握することができないのではないかと思います。

人事異動では基本的に開いたポストへは同じような能力を持っている職員を配置します。

例えば、BBという評価を得ている職員Aが別の部署に異動する時、その開いたポストにはBBという評価を得ている職員Bが配置されます。

しかし、BBという評価をした上司はもちろん異なるので、AとBともに本当に同じような能力を有しているかと言えば疑問に思うことがあります。

職員Aは本当はめちゃくちゃ優秀なのに上司に嫌われていたためにBBという評価にされた一方、職員Bは仕事ができるとは言えないけど、上司に気に入られやすいタイプのためBBという評価を受けるケースも考えられます。

したがって、人事評価は曖昧で最後までよく分かりませんでした。

 

まとめ

地方公務員は、そこそこの仕事でそこそこの給与で良いと考えている人にとってかなり良い身分だと思います。

特別な趣味を持っていて、趣味を生きがいにしている人にとっては仕事とプライベートの両立がしやすく、充実した趣味生活を送ることができると思います。(激務に配属されたら終わりですが…。)

逆に、実績を積み重ねることで自分の年収をあげて、市場価値を高めていきたい人にとってはあっていない仕事だと思います。

 

公務員事情カテゴリの最新記事